スタッフブログ

2016年6月20日 月曜日

正面からの歯並び・噛み合せチェック

今日は歯並びと噛み合わせの自己診断のポイントをご紹介します。
以前に正しい歯並びのポイントについて書きましたが、今回は正面から見た簡単なチェックポイントをお伝え致します。矯正専門医院では、骨の状態などの見えない部分まで含めて正確に診断致します。


① 正中・正中線
正面からの診断で一番わかりやすいのは上下顎の水平方向のずれです。正中(せいちゅう)というのは真ん中の前歯2本の歯と歯の間を指し、正中線(せいちゅうせん)というのはその歯の間の線の部分のことを言います。上下の正中線が一直線になっているのが正常で、上下の正中がずれている場合は上下のどちらかに問題がある可能があります。
また、ずれている場合、歯がずれているのか、それとも骨がずれているのかを矯正医がセファロレントゲンを計測・分析して調べます。

② 叢生の有無
叢生(そうせい)というのはデコボコのことです。乱ぐい歯とも呼びます。八重歯もこの叢生に含まれます。キレイに並んでいるはずの歯が外側に出ている、あるいは内側に倒れこんでいるかを確認します。また場合によっては捻転(ねんてん)といってねじれている場合もあります。

③ 頤
頤(おとがい)とは顎の先端の部分のことです。口を閉じた時に頤にシワが出来るか、あるいは左右にずれていないかを確認します。

④ 歯の数
基本的に成人の場合は28本です。親知らずを入れると32本になります。一番前の歯から数えて上下左右7本ずつ(親知らず入れて8本)あるかを数えます。齲蝕(虫歯)や歯周病、あるいは生まれつき歯が少ない(欠損歯)ことから28本ない場合もあります。

⑤  開咬
前歯の上下的な咬み合わせの問題です。奥歯を噛みしめているのに、前歯がかみ合わない状態です。この咬み合わせを持つ方の多くは、唾を飲んだ時に、下が上下の前歯の間から出てきます。舌の使い方が問題で、この咬み合わせが起こる場合もあります。

出っ歯(上顎前突)や下顎前突(反対咬合、受け口)などは横から確認しなくてもわかる場合もありますが、今回ご紹介したのは正面からのチェックポイントです。また、食べ物を噛むという運動が入ったときにまた状況が変わる場合もあります。子供の場合と成人の場合でも歯の本数など色々と違いも出てきます。矯正専門医がどういった視点で検査しているのかを考えてみるのも面白いかもしれませんね。




投稿者 もも矯正歯科

アクセス


大きな地図で見る
〒140-0013
東京都品川区南大井6-28-12 ヒューリック大森ビル5F

お問い合わせ 詳しくはこちら
当院が掲載されています