スタッフブログ

2015年10月21日 水曜日

上顎前突を子供のうちに治すメリット

今までに見た目の改善に意識が向きやすい上顎前突(出っ歯)に関して、指しゃぶりなどの日々の習慣が原因のもの、骨格性のものと種類があることをご説明しました。また上顎前突からくるトラブル、虫歯や歯周病などにつながるリスクに関してご紹介しました。


今回は子供のうちに上顎前突を治すメリットをお伝えしたいと思います。


① 指しゃぶりなどの生活習慣から起こる上顎前突

歯は弱い力でも動くということは以前お伝えした通りです。指しゃぶりなどの力が継続的に歯に加わることでも上顎前突になる場合があります。この場合の上顎前突治療は歯並びを治すだけでなく、そういった癖を同時に治していく必要が出てきます。ブラケット(矯正装置)を外した後の保定装置期間において、後戻りを起こさないためにも、もともと上顎前歯が前に出る原因となっていた癖を若いうちに治すことが長期での安定につながります。大人になってからでは癖を治せないということはありませんが、子供のうちの方が習慣を変えやすかったりします。

②骨格性上顎前突

骨格性の上顎前突とは、簡単に言うと上下の顎の大きさの違いによるもの、噛み合わせのズレによるものなどを指します。歯並びだけでなく、顎の骨に関係しているため、子供のうちに治すメリットとしては、顎の成長をある程度コントロールしながら矯正治療を行える点です。

どちらの原因の場合も、子供から治療を開始することで永久歯列で抜歯することなく治療を完了できる可能性が大きくなります。



後戻りのリスクを下げること、骨の成長を考えての歯列矯正を行うことに関しては、実は下顎前突(受け口・しゃくれ)や叢生(デコボコ)においても、同じように考えられます。ただ、注意しなくてはならないのが、だからといって必ずしも全て子供のうちに矯正治療を開始しなくてはいけないということもありません。患者さんそれぞれの成長度合い、歯の並ぶスペース、親知らずの生えようとしている向きなど、様々な観点から治療開始時期を考える必要があります。乳歯から永久歯に生え替わるだけで空き歯が治る(歯の隙間が埋まる)ということもあります。

もも矯正歯科では、無理な矯正治療をするのではなく、患者さん個々の状態を正確に判断して、そのうえで「矯正治療をしない」という選択肢を取ることもあります。しっかりと話し合ったうえで、長く安定した歯並びにするお手伝いが出来ればと考えております。



投稿者 もも矯正歯科

アクセス


大きな地図で見る
〒140-0013
東京都品川区南大井6-28-12 ヒューリック大森ビル5F

お問い合わせ 詳しくはこちら
当院が掲載されています