スタッフブログ

2014年11月10日 月曜日

大人の矯正

もも矯正歯科には大人の患者さんも多く来られます。
今日は子供の矯正と大人の矯正に関してのコラムを書いてみます。


子供のうちに矯正をした方が良いということをよく耳にしますが、大人になってからの矯正は手遅れというわけではありません。子供の矯正は顎の成長を促しながらの矯正治療が出来る為、歯を並べるスペースを確保しやすく、抜歯の可能性を下げることは出来ます。そのため子供のうちに矯正をした方が良いという話が良く出るわけです。

しかし大人の矯正だからといって必ずしも抜歯をしなくてはいけないというわけでもありません。子供の矯正ほどのスペース確保は出来ませんが、もも矯正歯科で使っているデーモンシステム(デイモンシステム)など、アーチフォーム(歯の並び)を広げたり、矯正用スクリュー(矯正用インプラント)を使って歯列全体を後方へ移動することで非抜歯に出来る場合も多々あります。
また、真ん中の歯を抜く代わりに親知らずの歯を並べて、永久歯の本数を減らさないで治療をすることもあります。

また、顎の成長からの矯正を考えると子供の矯正の方がメリットはありそうですが、別な角度から考えると大人の矯正のメリットも多々あります。

その中の一つが患者さんの意識の高さです。矯正治療の中にはブラケットを付けてワイヤーで歯を並べるというだけでなく、顎間ゴムや矯正治療後の保定装置期間など患者さん自身の協力が必要になるものがあります。それぞれの役割はまた別の機会に書きたいと思いますが、とても大切な部分です。

小児矯正と違い、ご両親に連れられて矯正治療を始めたというわけではないので、そういった治療に対して主体的に臨むというのは大人の矯正のメリットだと思います。


こどもの矯正にしても大人の矯正にしてもドクターと患者さんのコミュニケーションはとても大切になってきます。それぞれの良いところを活かしていくためにもしっかりと納得した状態で矯正治療を安心して受けられるよう日々考えています。何か歯並びで気になることがありましたらいつでもご連絡頂ければと思います。

投稿者 もも矯正歯科

アクセス


大きな地図で見る
〒140-0013
東京都品川区南大井6-28-12 ヒューリック大森ビル5F

お問い合わせ 詳しくはこちら
当院が掲載されています