スタッフブログ

2014年9月26日 金曜日

デーモンシステムだと非抜歯か?

前回に引き続き、今回もデーモンシステム(デイモンシステム)に関連したコラムを書いてみようと思います。


今回はデーモンシステムだと非抜歯に出来るのか?という疑問についてお答えします。インターネットでも「非抜歯」や「デーモンシステムで非抜歯矯正」という情報をよく見かけます。

もも矯正歯科の答えとしては「必ずしも非抜歯とは言い切れないが、非抜歯の可能性は上がる」ということだと思います。

そもそも、デーモンシステムだと非抜歯に出来るというのはどこから来たかと言うと、アーチフォームが広いという特徴からきています。アーチフォームというのは、患者さんの歯の並び方のことを指し、それぞれの矯正医が正しいと考えるアーチフォームをゴールとして持っています。

デーモンシステムのアーチフォームは、患者さん特有の筋肉のバランスから、それぞれ患者さんごとのアーチフォームが形成されるという考え方をしています。そのため、「これ」というアーチフォームが存在するわけではありません。患者さんの筋肉による歯の動きをサポートする為にブラケットとワイヤーが存在するという順番なのでアーチフォームがその筋肉の影響をベストに伝える少し広めのアーチを持っています。
通常よりも広めのワイヤーを使い矯正治療をするということから、アーチが広くなり、スペースが出来て、抜歯しないで歯を並べることが出来る、ということでデーモンシステムは非抜歯だという話になるわけです。



しかし、上に書いた通り、患者さんの筋肉のバランスが歯を並べるのに影響するということから、患者さんによってはアーチがそれほど広がらない場合や、そもそも歯槽骨(シソウコツ)という歯を支えている部分の広さに限界がある場合などはアーチを広げるのにも限界があるため100%非抜歯にするということは出来ません。


始めから決まったアーチフォームにするやり方と比べて非抜歯にしやすくなる部分がありますが、デーモンシステムだから非抜歯ということは言いきれないと思います。
もちろん、もも矯正歯科では出来る限り非抜歯での矯正治療を行えるよう、個々の患者さんにとってベストな状態を確認したうえで矯正治療を開始しますので、少しでも分からないことがあれば、いくらでも相談して頂ければと思います。

投稿者 もも矯正歯科

アクセス


大きな地図で見る
〒140-0013
東京都品川区南大井6-28-12 ヒューリック大森ビル5F

お問い合わせ 詳しくはこちら
当院が掲載されています