スタッフブログ

2014年9月 4日 木曜日

裏側(舌側)矯正と虫歯の関係

今回の矯正コラムテーマは「裏側矯正と虫歯の関係」についてです。

裏側矯正だと虫歯になり易いのではという質問を受けることがよくあります。実際ブラケットがある分歯磨きには慣れが必要になる為、虫歯になる可能性は高くなるかもしれません。

しかし「裏側だから」虫歯になり易いということは一概に言えないと思います。


表側矯正と裏側矯正の違いで説明してみます。

表側矯正は皆さんがイメージされるように、鏡を見ながら歯磨きが出来るので、「直接見える」というのがメリットです。逆に裏側矯正は直接見ることがなかなか出来ないので、歯磨きは難しく感じるかもしれません。

しかし歯の裏側というのは、矯正装置とその周囲が表側矯正と比べて空気に触れにくいため、常に唾液による「自浄効果」というのが得られます。常に唾液があることで、歯の表面のPHが低くなりにくいのですね。この唾液の効果により虫歯になりにくい側面もあるのが裏側矯正です。


ただし、安心はできません。虫歯にはなりにくいのですが、歯磨きが難しい分、歯肉炎にはなりやすいといえます。その為表側矯正でも裏側矯正でも、ブラッシングというのはとても大切になります。マウスピース矯正のように取り外し出来るものであってもとても大切です。


裏側矯正だから虫歯になり易いということはありませんが、虫歯にならず出来る限り短い期間で矯正治療が終われるように、もも矯正歯科では歯磨きのアドバイスや専用のブラッシングツールもお渡ししています。気になることがあればいつでも相談して頂ければと思います。

投稿者 もも矯正歯科

アクセス


大きな地図で見る
〒140-0013
東京都品川区南大井6-28-12 ヒューリック大森ビル5F

お問い合わせ 詳しくはこちら
当院が掲載されています