症例ブログ

2014年8月21日 木曜日

裏側矯正の費用が高い理由!?

日本は舌側矯正(ゼッソクキョウセイ=裏側矯正)が進んでいて、見えない矯正に対する患者さんの要望が増えてきているようです。

もも矯正歯科では、そんな患者さんのニーズにも応えるべく、裏側矯正も安心して治療をうけて頂けます。

ただ、患者さんは、裏側矯正って?? わからないことが多い方がほとんどです。

そこで舌側矯正、裏側矯正に関する質問で多いものをコラムでお答えしていきたいと思います。


今日のテーマは「裏側矯正の費用が高い理由」です。

患者さんの皆さんが一番不安に思われるところではないでしょうか?(汗)

ほとんどの裏側矯正をされている矯正専門医院を見てみると、確かにほとんどの医院で裏側の矯正治療費を高く設定しています。

もも矯正歯科でも少し費用を高く設定させて頂いていますが、これはニーズがあるから高くなっているわけではないんです。病院によっては色々な事情があるとは思いますが、実は表側の矯正と違い、裏側の矯正は矯正装置を付けるまでの工程が多く、オーダーメイドで個々の患者さんの為の装置を準備する必要が出てきます。

裏側矯正ですから、表から直接見ることが出来ません。また歯の表と違い、裏側というのは歯面がとても小さくなっています。そこにブラケットと呼ばれる矯正器具を付けるとなると直接付けることがほぼ不可能になります。

その為裏側矯正を付ける際には、まず患者さんの歯型を取る必要が出てきます。その歯型から歯の模型をオーダーメイドで作り、その模型に合わせてブラケットの装着位置を決めます。更に位置が決まるとブラケットを実際の口腔内に付ける為の専用の装置=ジグを作ります。

この患者さん専用の模型や、ジグと呼ばれるブラケット装着用装置の部分で作成時間と材料費がかかってしまうのです。これらを全てデジタルで行うというのが、もも矯正歯科で取り入れているインコグニートというものですが、これもオーダーメイドで作る為同じようにかかります。

もも矯正歯科では、「見えない矯正」という患者さんの要望に応える為に、舌側矯正、インコグニート、マウスピース矯正(インビザライン)など色々な選択肢をご用意しています。また費用面から上顎は裏側、下顎は表側というような「ハーフリンガル」も対応しています。

裏側矯正だけでなく、矯正治療で気になることなどがございましたら直接お問い合わせいただければお答えいたします。

投稿者 もも矯正歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る
〒140-0013
東京都品川区南大井6-28-12 ヒューリック大森ビル5F

お問い合わせ 詳しくはこちら
当院が掲載されています